大会

ギボンカップ2015。南アルプス大会が新クラスを加えての開催!

8/1(土) 南アルプス士櫛形体育館にて、ギボンカップ第3戦、山梨ユネスコエコパーク登録記念 南アルプス大会が開催され、男子は田中輝登。女子は福田恭巳が優勝!

今大会からはJSFEDの公式クラスとしてシニアクラス、ミドルクラス、ファンクラスが採用され、これまでのオープンとジュニアに加えて5クラスでの開催となった。

シニアにはこれまでオープンに出場していたベテラン勢が集結し、パワフルさとスタイルのある演技で観客を沸かせていた。

ミドルクラスとファンクラスは出場人数は少なかったものの、同じ条件での戦いにそれぞれの想いをパフォーマンスで表現していました。

オープンクラス男子では、大杉を初めとした常勝組がひしめく中、四万十大会で優勝した木下をはじめとしたアップカマーが台頭し、接戦の中で大会出場6年目にして田中輝登が堂々の初優勝を飾った。

オープンクラス女子では、常勝の福田に対してここ最近調子のいい須藤と岡田に迫られてきている。が、

前回の四万十大会で辛勝した福田はこの大会、安定感と自信に満ち溢れ、見事優勝。これで今年のギボンカップは全勝を走っている。

ジュニアクラスは、15人というこれまでにない出場者から、720°を成功させた林映心が優勝した。林が所属する小布施を筆頭としたジュニアの時代がこれからさらに過熱してゆくことは間違いない。

今回のギボンカップはJSFEDが新しく採用したクラスを適用したことで、より年齢的に幅と奥行きのある大会が実施された。。今後さらにこれらの枠の広がりに併せて多くのスラックラインファンに参加が増えることが期待される。

 

結果

オープン 男子


優勝  田中 輝登
準優勝  大杉 徹
3位  木下 晴稀
4位  細江 樹

オープン 女子

優勝  福田 恭巳
準優勝  岡田 亜佑美
3位  須藤 美青
4位  中村 朱里

シニアクラス

優勝  舛岡 広一
準優勝  猪鹿野 真一
3位  青木 勝郎
3位  佐々木 康之

ミドルクラス

優勝  桑山 寛之
準優勝  昼間 巧
3位  今井 俊介

ファンクラス

優勝  西 恵吾
準優勝  舛岡 夏実

ジュニアクラス

優勝  林 映心
準優勝  佐々木 燈
3位  佐々木 優
3位  田中 輝哉

市長賞  舛岡 蓮凪
協議会会長賞  中村 侑我
ギボン特別賞  TEAM YMS
特別賞  大橋 啓之
特別賞  八鍬 拓
特別賞  西 恵吾

今回の大会で使われたラインはエリメント。

今大会で多大な協力を頂いた南アルプス市の皆様、YMSの皆様、実行委員会の皆様、本当にお疲れ様でした。

ギボンスラックラインは今後ともスラックラインの盛り上げてまいりますので、よろしくお願い致します。

 

カテゴリ:大会